会社設立で知っておきたい認印

 

会社設立をする際、知っておきたいのが認印の存在です。
そもそも認印とはどういうものなのかというと、簡単に言えば他人が作った文書などの書類に「目を通しましたよ」という証として押印するものです。
実際にこの認印に関しては会社設立の際にも利用することがあるため、しっかりと理解しておくことが必要となります。
もちろん、そこまで難しいことはなく、単純に他人が作成した文書に目を通した証として押すだけなので、何も問題はありません。
ただ、認印に使う印鑑に関しては、どのようなものを利用すれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
会社設立をする際、色々な印鑑を用意しておくことも重要です。
会社で利用する印鑑の種類は非常に多岐に渡るため、ここですべてを説明している時間はありません。
ただ、認印もその一種ということで、しっかりと用意しておくようにしましょう。

認印に使われる印鑑に関しては、正式なものである必要があります。
通称シャチハタと呼ばれるような印鑑では、認印として認められないこともあります。
そのため、シャチハタではなくしっかりとした印鑑を用意しておくようにしてください。
そうするだけでも、やはり大きく差が出てくるのではないでしょうか。
特に会社設立の際には正式な印鑑を登録しなくてはならず、認印に関してもシャチハタではない印鑑が必要となってくることが多いです。
もちろん、社内だけで出回る文書などに関しては、社員同士がシャチハタで確認するということもあります。
ただ、それは公的な力はないので、十分に気を付けておくことが必要です。
会社設立の文書に関しては、認印が必要となるので、細かな点に関しては専門家に相談しておくというのも良いです。

なお、会社設立を専門家に依頼する場合にも、認印などは必要となります。
行政書士や司法書士が作成した文書はもちろん、会社設立の際に提出しなくてはならない文書など、色々な場面に応じて印鑑も必要となってくるのです。
ただ、初めて会社設立をする場合はわからないことも多々あるはずなので、そこは専門家に合わせて聞いてみることをおすすめします。
特に個人事業主やフリーランスの場合は個人の印鑑で良いですが、会社や企業となるとやはり個人の印鑑を使うわけにはいきません。
そこも理解しないと会社設立で躓くことが出てくるかもしれません。
まずは必要となってくる印鑑について、事前にチェックしておいてください。