会社設立の費用としてできる限り多くの資金を準備しておく

株式会社設立を行う場合には、資金を準備する都合があるので会社設立にかかる費用がどの程度なのか知っておく必要があります。
設立登記することで初めて会社として成立するので、会社設立する場合にはまず登記するための費用が必要になるのです。
具体的には、定款認証手数料が52,000円、定款印紙代が40,000円、定款謄本手数料(5枚の場合)で1,250円です。
また、登録免許税で150,000円、登記事項証明書(3通の場合)で1,800円、印鑑証明書(3通の場合)で900円となります。
それから、登記する際に会社の実印が必要になるので、印鑑作成費が必要になって、これら全てを合計すると約250,000円程度必要になります。

このように株式会社設立を考えた場合には、25万円程度の実費費用が発生するのが一般的ですが、電子定款認証することで費用が少し抑えられます。
紙の定款で必要となる定款印紙代の40,000円が必要なくなるので、その分安くなるのです。
ただ、電子定款認証を実施するためのステップは複雑で、自分で行って4万円を安くする方法はあまり得策ではありません。
ではどうするのかというと、一般的には司法書士や行政書士などの専門家に依頼をするのです。
代行サービスを利用すると報酬が必要になるケースもありますが、それでも3万円程度は代行サービスを利用した方が安くなるのです。

株式会社設立時に準備する費用として資本金もあります。
ただ、資本金は通帳に資本金の額を入金するだけで、その後すぐに会社の経費として利用することができるですが、まとまった金額を準備する必要はあります。
ちなみに、一般的な創業時に多い資本金の金額は300万円程度と言われているので、会社設立時にかかる費用としては最低限これくらいは準備しておく必要があります。
しかし会社設立時には思いもよらない費用が必要になることも考えられるので、できる限り多くの資金を準備しておくと良いです。