会社設立チェックシートを作成

 

会社設立をするにあたって、やるべきことをまとめたチェックシートを作ると大変便利です。
会社を作る時には、公証人役場や法務局、税務署、都道府県税事務所、市区町村役場などにたくさんの種類の書類を提出する必要があります。
そのため、やるべきことをチェックシートか何かでまとめておかないと、抜けが生じて会社設立が遅れてしまうということになりかねません。

どのような手続きを、チェックシートにまとめればいいのかをここで、簡単に説明していきたいと思います。
まず一番は、登記手続きで申請する書類について、チェックシートにまとめておくと分かりやすくて便利です。

例えば、印鑑登録証明書は、取締役全員文もしくは代表取締役の分が必要となります。
あと、発起人決定書も必要になります。発起人決定書の発起人とは、どういう意味なのかと言うと、いわば会社を立ち上げたオーナーということを意味しています。

他には、資本金払込証明書というものを銀行から発行してもらい提出する必要があります。
これらは法務局に出さなくてはいけない書類になり、他に公証人役場に定款を認証してもらう必要もあります。

定款は、会社のルールを定めたもので、法務の専門家に頼めばきちんと盛り込むべき内容を書いてくれます。
これらは、会社設立時に必要となる書類ですので、チェックシートにまとめておくと、手続き上のミスを防ぐことができるでしょう。

登記の手続きが終わったら、今度は税務署や都税事務所もしくは都道府県税事務所、市区町村役場などに色々な書類を提出しなければなりません。
こちらは、法人として登記された後の手続きになりますので、設立後1ヶ月から2ヶ月以内の間に提出をしなくてはならないものがあります。

例えば、税務署に提出する法人設立届出書は、設立後2ヶ月以内に提出しなければならないものです。
ほかには、都道府県税事務所に提出する法人設立届出書は、会社設立から1か月以内に提出しなければなりません。

市区町村役場にも、2ヶ月以内に同じ書類を提出する必要があるため、忘れないように確認をしておく必要があります。
この辺りから取り扱う書類が増えますので、チェックシートなどを作成してまとめておくと手続き上のミスが少ないです
色々と煩雑な手続きが多くなりますので、会社設立の専門業者に手続きを代行してもらうというのも一つの方法です。
最初はなかなか慣れませんが、一度会社設立手続きを経験すれば、次の事業を始める時にスムーズに手続き申請ができるかと思われますので、十分に調べてチャレンジしてみましょう。