会社設立の費用!自分でやると


・会社設立の費用は自分でやるといくら?
1円株式会社制度が導入されて法人化手続きのハードルが下がったことで、会社設立手続きを自分でやる人が増えてきているようです。
今の日本では、発起人一人でも、登記手続きをすることができます。
昔と比べて、会社設立手続きが非常に簡単になりました。
では、1円株式会社の会社設立に掛かる費用は、手続きを自分でやると、いくらになるのでしょうか?
ここで詳しく解説したいと思います。
続きを読む →

会社設立を最短に行うためには

 

・会社設立をしたいと思ったら。
会社を設立したいと思ったら、まずは何をしてみるのが良いのでしょうか。
まずは自分の会社でどんな商いを行っていくのかを明確にしていきましょう。
これが定款につながりますので、まずはどんな事業を執り行うのかを明確にしましょう。
最短スケジュールで会社設立を行うためには、まずは会社の目的を箇条書きにするなどが有効となります。

 

・会社名を決めましょう。
会社名を決めて行きましょう。
会社の顔ともなる会社名。
取引の際にも毎回株式会社〇〇の〇〇です。
と名乗るようになりますので出来れば後悔しない名前が良いでしょう。
由来なども考えて決めると良いですね。
この時大企業と同じ名前などはNGですので気を付けてください。

 

・定款を作成しよう。
会社の事業目的と会社名が決まったら定款を作りましょう。
株式会社の場合この定款が必ず必要になります。
定款には収入印紙代金40,000円と定款認証手数料が50,000円かかります。
謄本交付量は2,000円がかかります。
定款作成から陶器などは専門家に依頼することが最短スケジュールで会社設立を行うことが出来ます。
ここで注目したいのが電子定款です。
電子定款は収入印紙代金の40,000円が不要になりますので、専門家に依頼した場合この電子定款を取り扱っている場合が多くなっておりますので依頼してもさほど予算が変わらないのです。

 

・自分で電子定款で提出できるの?
では自分で電子定款で提出すればよいのではと思ってはいけません。
電子定款を個人で提出することは専用のソフトなども必要になってしまいますので現実的ではありません。
電子定款を使う場合はやはり専門家への依頼が必要です。

 

・会社設立を依頼した場合の料金は?
会社設立を専門家に依頼した場合はどのくらいの費用が掛かるのか心配ですね。
こんな時はまずインターネットで検索をしてみると良いです。
無料相談などもございますので上手に使ってどのくらいの費用が掛かるのかを確認してみると良いでしょう。
士業の先生に依頼する場合は、自分の業務や登記時に何かほかに申請をすることがないかなど、忘れていて営業ができるまでに時間がかかりすぎてしまったなんて言う事が無いように、初めての会社登記であれば最短スケジュールで執り行えるように専門家に相談をしてどのようなスケジュールが良いのか、またどの士業の先生に依頼するかなどを自分の会社に合わせて選択すると良いでしょう。

会社設立で知っておきたい認印

 

会社設立をする際、知っておきたいのが認印の存在です。
そもそも認印とはどういうものなのかというと、簡単に言えば他人が作った文書などの書類に「目を通しましたよ」という証として押印するものです。
実際にこの認印に関しては会社設立の際にも利用することがあるため、しっかりと理解しておくことが必要となります。
もちろん、そこまで難しいことはなく、単純に他人が作成した文書に目を通した証として押すだけなので、何も問題はありません。
ただ、認印に使う印鑑に関しては、どのようなものを利用すれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
会社設立をする際、色々な印鑑を用意しておくことも重要です。
会社で利用する印鑑の種類は非常に多岐に渡るため、ここですべてを説明している時間はありません。
ただ、認印もその一種ということで、しっかりと用意しておくようにしましょう。

認印に使われる印鑑に関しては、正式なものである必要があります。
通称シャチハタと呼ばれるような印鑑では、認印として認められないこともあります。
そのため、シャチハタではなくしっかりとした印鑑を用意しておくようにしてください。
そうするだけでも、やはり大きく差が出てくるのではないでしょうか。
特に会社設立の際には正式な印鑑を登録しなくてはならず、認印に関してもシャチハタではない印鑑が必要となってくることが多いです。
もちろん、社内だけで出回る文書などに関しては、社員同士がシャチハタで確認するということもあります。
ただ、それは公的な力はないので、十分に気を付けておくことが必要です。
会社設立の文書に関しては、認印が必要となるので、細かな点に関しては専門家に相談しておくというのも良いです。

なお、会社設立を専門家に依頼する場合にも、認印などは必要となります。
行政書士や司法書士が作成した文書はもちろん、会社設立の際に提出しなくてはならない文書など、色々な場面に応じて印鑑も必要となってくるのです。
ただ、初めて会社設立をする場合はわからないことも多々あるはずなので、そこは専門家に合わせて聞いてみることをおすすめします。
特に個人事業主やフリーランスの場合は個人の印鑑で良いですが、会社や企業となるとやはり個人の印鑑を使うわけにはいきません。
そこも理解しないと会社設立で躓くことが出てくるかもしれません。
まずは必要となってくる印鑑について、事前にチェックしておいてください。

会社設立チェックシートを作成

 

会社設立をするにあたって、やるべきことをまとめたチェックシートを作ると大変便利です。
会社を作る時には、公証人役場や法務局、税務署、都道府県税事務所、市区町村役場などにたくさんの種類の書類を提出する必要があります。
そのため、やるべきことをチェックシートか何かでまとめておかないと、抜けが生じて会社設立が遅れてしまうということになりかねません。

どのような手続きを、チェックシートにまとめればいいのかをここで、簡単に説明していきたいと思います。
まず一番は、登記手続きで申請する書類について、チェックシートにまとめておくと分かりやすくて便利です。

例えば、印鑑登録証明書は、取締役全員文もしくは代表取締役の分が必要となります。
あと、発起人決定書も必要になります。発起人決定書の発起人とは、どういう意味なのかと言うと、いわば会社を立ち上げたオーナーということを意味しています。

他には、資本金払込証明書というものを銀行から発行してもらい提出する必要があります。
これらは法務局に出さなくてはいけない書類になり、他に公証人役場に定款を認証してもらう必要もあります。

定款は、会社のルールを定めたもので、法務の専門家に頼めばきちんと盛り込むべき内容を書いてくれます。
これらは、会社設立時に必要となる書類ですので、チェックシートにまとめておくと、手続き上のミスを防ぐことができるでしょう。

登記の手続きが終わったら、今度は税務署や都税事務所もしくは都道府県税事務所、市区町村役場などに色々な書類を提出しなければなりません。
こちらは、法人として登記された後の手続きになりますので、設立後1ヶ月から2ヶ月以内の間に提出をしなくてはならないものがあります。

例えば、税務署に提出する法人設立届出書は、設立後2ヶ月以内に提出しなければならないものです。
ほかには、都道府県税事務所に提出する法人設立届出書は、会社設立から1か月以内に提出しなければなりません。

市区町村役場にも、2ヶ月以内に同じ書類を提出する必要があるため、忘れないように確認をしておく必要があります。
この辺りから取り扱う書類が増えますので、チェックシートなどを作成してまとめておくと手続き上のミスが少ないです
色々と煩雑な手続きが多くなりますので、会社設立の専門業者に手続きを代行してもらうというのも一つの方法です。
最初はなかなか慣れませんが、一度会社設立手続きを経験すれば、次の事業を始める時にスムーズに手続き申請ができるかと思われますので、十分に調べてチャレンジしてみましょう。

会社設立で縁起の良いもの

 

会社設立をする時、縁起の良いものを用意しておくというのは、良いゲン担ぎになるかもしれません。
例えば、単純な話に置き換えてみると、日本では勝ちたいと思った時にカツ丼を食べるということもあるでしょう。
これは単純に縁起が良いからなのですが、それを食べることによって気持ちも新たに「頑張るぞ」と思える要因にもなります。

単なる占いやスピリチュアルの面もあるのですが、それが存外バカにできないものなのです。実際に会社設立にとって演技の良いものもあるので、それらを用意しておくと良いのではないでしょうか。
ここでは縁起の良いものを紹介していくので、これから会社設立を考えている方は参考にしてみてください。
ちなみに、それらを用意すると会社設立にかかる費用も大きくなります。
ただ、それだけの価値はあると言えるでしょう。

まず、会社設立にとって重要となるのが、福を招くということです。
そこでおすすめなのが招き猫です。
これは古来から重宝されてきたもので、近年ではリアル猫を招き猫として会社で飼っているというところもあるくらいです。
招き猫は単なる福を呼ぶとは言っても、色々なことを呼んでくれます。

例えば、会社にとって利益や収益をもたらしてくれる他、良い人材を呼び寄せてくれることもあるでしょう。
また、取引先やクライアントと言った相手も良いものを引き寄せてくれます。
あくまでもゲン担ぎなのですが、それが意外にも効果を発揮してくれることも多いです。リアル猫の場合、ゲン担ぎだけではなく、会社に穏やかな空気を作ってくれることもあります。
近年はそうやって動物の力を借りるというところも多くなっているのです。
会社の雰囲気を暗くしないためにも、ぜひ会社でペットを飼ってみるというのも良いかもしれません。

その他、会社設立に縁起が良いものとしては、植物などがあります。
植物はぐんぐん成長していくということもあり、会社にとっても縁起が良いものです。

また、職場に緑が入ることによって、癒し効果も高めてくれます。
開放的な気分にさせてくれるだけではなく、空気が綺麗に見せてくれる効果もあるのです。
会社設立時はなかなかそこまで職場にこだわることができないこともありますが、観葉植物などがあると演技も良いです。

色々と縁起が良いものを取り入れて、ぜひ素敵な会社にしていきましょう。
社員が働きたくなるような職場にしていけば、より運気を呼び込むこともできるようになりますよ。

会社設立にかかった費用は一覧にして整理しておくと良い

会社設立をする場合には、設立手続きにかかる費用や実際に営業をする準備に必要となる費用など、多くの費用を支払うこととなります。
こうした細かな支出は、開業費と創立費の2つに分類することができる会社設立費用となります。
このように会社設立時にかかった開業費と創立費は、通常の経費とは別の計上方法を取る必要があります。
その為、準備を行っている段階で細かく仕訳をして一覧しておくことが一番ですが、設立準備におわれてなかなか手をつけられない方も多いです。
ただ、正しい勘定処理を行うためにも一覧に整理することを心がけることが大切ですし、一覧にするために開業費と創立費の概略を知っておく必要もあります。
続きを読む →

会社設立の手続きを自分でするよりも依頼した方が費用が節約できる

会社設立の手続きについては、自分でやることも可能ですし、司法書士や行政書士などの専門家に依頼することもできます。
会社設立の手続を専門家に依頼しないで自分でやろうと考える方の理由は様々で、その中のひとつに会社設立にかかる費用を節約したいというのがあります。
しかし、費用的に必ずしも自分でやるほうが安いとは限らないことで、しかも手間がかかって難しい場合も多いのです。
では、なぜ自分でやるより専門家に依頼した方が安くなるのかを、設立登記手続きにかかるそれぞれの費用で比較してみます。
続きを読む →

会社設立の費用としてできる限り多くの資金を準備しておく

株式会社設立を行う場合には、資金を準備する都合があるので会社設立にかかる費用がどの程度なのか知っておく必要があります。
設立登記することで初めて会社として成立するので、会社設立する場合にはまず登記するための費用が必要になるのです。
具体的には、定款認証手数料が52,000円、定款印紙代が40,000円、定款謄本手数料(5枚の場合)で1,250円です。
また、登録免許税で150,000円、登記事項証明書(3通の場合)で1,800円、印鑑証明書(3通の場合)で900円となります。
それから、登記する際に会社の実印が必要になるので、印鑑作成費が必要になって、これら全てを合計すると約250,000円程度必要になります。
続きを読む →

会社設立で最低限必要になる費用とは?

会社設立するためには最低限必要となる費用があります。
株式会社設立の場合には、公証人の手数料として50,000万円、謄本代として1冊1,000円程度、印紙代の40,000円が必要となります。
通常謄本は登記申請用・保管用の2冊が必要となるので、これらを合計すると92,000円必要となるのです。
ただ、定款を電子定款で作成する場合には、印紙代が不要になるので合計52,000円で済みます。
続きを読む →