会社設立を最短に行うためには

 

・会社設立をしたいと思ったら。
会社を設立したいと思ったら、まずは何をしてみるのが良いのでしょうか。
まずは自分の会社でどんな商いを行っていくのかを明確にしていきましょう。
これが定款につながりますので、まずはどんな事業を執り行うのかを明確にしましょう。
最短スケジュールで会社設立を行うためには、まずは会社の目的を箇条書きにするなどが有効となります。

 

・会社名を決めましょう。
会社名を決めて行きましょう。
会社の顔ともなる会社名。
取引の際にも毎回株式会社〇〇の〇〇です。
と名乗るようになりますので出来れば後悔しない名前が良いでしょう。
由来なども考えて決めると良いですね。
この時大企業と同じ名前などはNGですので気を付けてください。

 

・定款を作成しよう。
会社の事業目的と会社名が決まったら定款を作りましょう。
株式会社の場合この定款が必ず必要になります。
定款には収入印紙代金40,000円と定款認証手数料が50,000円かかります。
謄本交付量は2,000円がかかります。
定款作成から陶器などは専門家に依頼することが最短スケジュールで会社設立を行うことが出来ます。
ここで注目したいのが電子定款です。
電子定款は収入印紙代金の40,000円が不要になりますので、専門家に依頼した場合この電子定款を取り扱っている場合が多くなっておりますので依頼してもさほど予算が変わらないのです。

 

・自分で電子定款で提出できるの?
では自分で電子定款で提出すればよいのではと思ってはいけません。
電子定款を個人で提出することは専用のソフトなども必要になってしまいますので現実的ではありません。
電子定款を使う場合はやはり専門家への依頼が必要です。

 

・会社設立を依頼した場合の料金は?
会社設立を専門家に依頼した場合はどのくらいの費用が掛かるのか心配ですね。
こんな時はまずインターネットで検索をしてみると良いです。
無料相談などもございますので上手に使ってどのくらいの費用が掛かるのかを確認してみると良いでしょう。
士業の先生に依頼する場合は、自分の業務や登記時に何かほかに申請をすることがないかなど、忘れていて営業ができるまでに時間がかかりすぎてしまったなんて言う事が無いように、初めての会社登記であれば最短スケジュールで執り行えるように専門家に相談をしてどのようなスケジュールが良いのか、またどの士業の先生に依頼するかなどを自分の会社に合わせて選択すると良いでしょう。